過去事業一覧

農商工連携等人材育成事業

研修修了生  活動リポート

「ふるさと起業塾」研修修了生  活動リポートは、ふるさと起業塾の農商工連携等人材育成事業の研修を経て、現在行っている活動内容のリポートです。

No. 活動日(報告日) リポートタイトル 作成者
1 2009/10/14 「田舎暮し体験」 ~ 漁業体験 ~ 小田  祐一郎さん
2 2009/11/11 みなみん里・竹田市農産物直売所訪問 徳澄  大輔さん
3 2009/12/03 早速、自宅でかぼすジャム作りに挑戦 若佐  重芳さん
4 2010/01/29 いすみでの活動報告 打矢  功一さん
5 2010/02/12 私の近況報告 三田  寛之さん
6 2010/02/22 起業塾その後〜 吉田  光代さん

2009/10/14~10/1   小田  祐一郎さん

「田舎暮し体験」 ~ 漁業体験 ~

【日時】

10月14日(水)〜16日(金) 2泊3日

【場所】

沼津市戸田地区

【主催】

沼津市交流移住推進委員会

【内容】

漁業体験

【募集人数】

8組16人

【参加人数】

3組4人(夫婦での参加は私達のみ)

【費用】

12,600円/人  2泊6食+体験にかかる費用含む

【行程】

(1日目)オリエンテーション、戸田めぐり、戸田港サンセットクルーズ
(2日目)こざらし漁(男性、4:00)、網はずし、網かけ(男性)、
               魚料理(女性)、戸田塩づくり体験
(3日目)不動産案内、反省会、定住者講話

【経緯】

もともと海が好きで移住先として以前より西伊豆には興味を持っていました。「ふるさと回帰フェア」で沼津市のブースを訪ねた際にこの漁業体験の企画を知り、家内と相談の結果参加することにしました。

【概要】

もともと海が好きで移住先として以前より西伊豆には興味を持っていました。「ふるさと回帰フェア」で沼津市のブースを訪ねた際にこの漁業体験の企画を知り、家内と相談の結果参加することにしました。

漁業体験

戸田は沼津から車で約1時間の距離にあり、三方を山に囲まれ一面に駿河湾と富士山の眺めが広がる自然に恵まれた土地です。陸は平地が少なく棚田やみかん畑が目につきました。海は戸田湾内でも水深が50mと深く大型船も入港できます。駿河湾に出ると2,000mを超えるところもあり深海に住む高足蟹や深海魚が獲れ特産品になっています。
港周辺の商業施設は老朽化と空家が目立ち寂れた雰囲気でした。民宿も昭和55年には270軒あったのが現在では60軒に減っています。
住民は開放的で気軽に話しかけてきて親切な人達が多いのですが、中心街の食堂等は古い魚やカニを平気で高額で売る店もあるので注意が必要です。人口は3,800人、65歳以上が40%と高齢化が進み、若い人の仕事がないのが最大の問題点です。

一方で、「戸田塩づくり」「海の駅」で働くNPOの中年の女性たちの、仕事に取り組む生き生きとした姿は印象的でした。

ご主人が漁師という老夫婦が営む民宿に泊まり、漁、魚料理、塩づくり体験をしながら、ゆっくりと地域を散策するツアーでした。こざらし漁は刺網漁の一種で午前中に網を仕掛け翌々日の夜明け前に網を上げます。作業自体は軽作業なので船酔いと早起きが気にならなければ比較的楽です。主にサザエ、伊勢エビ、赤ブダイが掛かりメジナやコショウダイも掛りました。掛った獲物はほとんど食卓に出して頂き毎食ご馳走になりました。民宿のご夫婦にはとても良くして頂き感謝の念に耐えません。

漁業体験

塩つくり体験

みんなで漁業

【感想】

若者は都会に流出してしまい、地元に残った住民も活性化を願ってはいるものの、精力的に動くリーダーは存在しないように感じました。かといって積極的に外部の人間を招き入れようとは考えていないようでした。生活はさほど困ることもないためでしょうか、地域の自然や恵みを本当に大切にしてくれる人のみ歓迎されるようです。
都会から来た私には他にない恵みが沢山あると感じられましたが、地元の住民にとってはその恵みが当たり前で、その価値に気付いていないように思いました。
住宅事情は、空家が多く潜在的には売り物件、賃貸共に豊富にあるようですが、不動産屋がほとんどなくあまり流通はされていません。地元住民と親密になれば思わぬ掘り出し物が出る可能性は高いと思います。
この体験ツアーの参加者は4人と少人数でしたが、民宿のご夫婦を含め共に働き、寝食を共にすることで本当に親しくなり楽しい旅になりました。体験型ツアーの面白みを実感しました。

ホーム >> 農商工連携等人材育成事業 >> 研修修了生 活動リポート

トップへ